前へ
次へ

脳梗塞の状態での医療機関受診は少ない

動物の体を正常に動かすのに必要なのが脳と心臓と言われています。
脳は体の色々な器官に必要な指示をする器官になるので、脳が動かなくなったり異常が発生すると体の機能が麻痺してしまいます。
死につながることもあるので注意が必要と言えるでしょう。
脳の病気の中でも良く聞くのが脳梗塞かもしれません。
脳内の血管が詰まった状態で、血液が流れなかったり流れにくくなっている状態を指します。
隠れ脳梗塞などと言われる状態もあります。
一定年齢に達している人が医療機関で脳ドックを受けると、多少小さな脳梗塞が見つかることがあります。
少し脳内の血管が詰まったくらいだと生活をするのに支障はありません。
少ししびれがあるとか、少し以前と異なる部分が出てきたときには小さな脳梗塞が起きている可能性があります。
一方明らかに体が動かなくなると医療機関を受診して治療を受けなければいけません。
早く治療を受ければ麻痺にならずに済ませられるときもあるでしょう。

Page Top