前へ
次へ

糖尿病と診断されたら医療機関で治療を行う

糖尿病と聞くと尿に糖分が出ているだけと感じがちですが、実際は血液中に糖がある状態を指します。
尿は血液から作られるので、尿に糖分が含まれているなら血液にも含まれている可能性が高いでしょう。
自分の尿にアリなどが集まってくると尿に糖分があり、さらに血液にも糖分がある状態なので糖尿病の可能性が高くなります。
糖分は通常インスリンによって分解されるため血液中にはそれほどありませんが、多くなってくると分解されにくいと判断されます。
日頃の生活において糖尿病を自覚することはあまりなく、医療機関で受ける健康診断で異常値が出た時に気が付くことが多くなります。
生活習慣病として知られるのは二型糖尿病で、暴飲暴食等不規則な食生活などをしているとなりやすいようです。
完治は難しいとされるものの、早期に医療機関で治療をすると進行を抑えられるようになります。
特に糖尿病で怖いとされる合併症の発症リスクを抑えられるので、できるだけ早く対応するのが良いでしょう。

Page Top