前へ
次へ

予防医療の一環に運動は欠かせません

予防医療のために運動をしてみようと意気込んでいる時に、ふとどんな事をすればいいのかと考えてしまう事もあるでしょう。
運動と言っても幅広いですが、できる範囲でじっくりと長く続けていく事で予防になりますので、できる運動がないかまず探してみて下さい。
定番ですが、ウォーキングやジョギングは運動初心者の方でも取り組みやすいので、何をしようか迷っているのであればひとまずチャレンジしてみると良いでしょう。
通勤や通学の際に一駅か二駅分前から降りて歩くだけでもいい運動になります。
体の柔軟性を高めるストレッチも自宅でできますから組み合わせてみて下さい。
ジムなどに行かなくても、体を動かす機会を作ればいいので、他にも布団の上げ下ろしなどそういったこともちょっとした運動のチャンスと思って頑張ってみましょう。
テレビでもラジオ体操などがたまに放映されているので、5、6分程度の軽い運動として予防医療に取り入れてみてください。

Page Top