前へ
次へ

現代医療の問題点について考える

日本の医療制度は健康保険制度の確立で、比較的安い金額で受けられるという世界でも類を見ない方法で高い評価を得てきました。
また最初の診察も自由に選ぶことが出来て、敷居が低いというのも大きな特徴です。
しかし最近になって制度が維持出来るかどうか難しい局面に入って来ています。
根本的に問題になっているのが少子高齢化問題です。
現行の医療制度は現役世代が健康保健を維持するためのお金を払っています。
国が計画した試算通りに進んでいけば問題はなかったのですが、子供の数が減って高齢者が多くなったので十分な収入が得られなくなってしまいました。
保健制度が破綻してしまう前に、料金改定などなんらかの対策をしないといけないところまで来ています。
1番いいのは病気予防を徹底させる事で病院を利用しない事です。
予防に関する取り組みは、国の中でまだまだ遅れていて予算もほとんど割かれていません。
また人々も健康寿命でいられる時間を少しでも長くするために、率先して取り組む事が大事です。

Page Top