前へ
次へ

高齢者が悩む膝関節の痛みは医療の力で軽減できる

日本の高齢化に対しての問題や取り組みは国をあげての課題にもなっていますが、世界の国に比べても高齢化社会のスピードはアップしているにも日本です。
誰もが年齢を重ねてシニアになる時代がやってきますが、大切なのはいつまでも健康を維持することであり、医療のお世話にならない取り組みをすることができます。
問題になってくるのは年を取ることで病気になりやすく、医療での負担も大きくなったり介護のこともあるためです。
出来るだけ健康を維持した状態で日常生活を、自分の力で送れるようにする努力が必要になります。
運動障害を起こしてしまう筋量や筋力の低下や、サルコペニアの予防にも目を向けなくてはいけません。
年をとることで膝関節痛を起こしやすくなりますが、ロコモティブシンドロームの要因となる、変形性膝関節症が原因になることは多いです。
すでにすり減ってしまった軟骨を元通りにはできないものの、進行をできるだけ遅らせて痛みを軽減させることはできます。

Page Top