前へ
次へ

医療機関にかからないようにするには

医療機関にかからないようにした方が健全な生活を送ることができますが、これを実現するための方法の一つが食べ物を制限することです。
人間の歴史をみると、およそ300万年ほどあるといわれていますが、これらのうち食べ物が豊富にあった時代はここ最近50年ほどだけです。
それ以外の299万9900年近くは飢餓との戦いでした。
これにより、人間の体はどのように出来上がっているかといえば、食事をしないことに対して生命を維持することができる機能が備わっています。
裏を返せば、たくさんの食事をすることにより問題が生じてしまう可能性が高いことを意味しています。
このような状態から脱出するためには1日3食の食事をどこかで減らさなければなりません。
つまり、今まで常識となっている12時3食の食事を1日2食から1食にすることで健康維持することが可能になります。
これを本格的に若い段階から授けていくと医療機関にかからずに済むようになるでしょう。

Page Top